top of page

【必見!】優秀なアートメイクナースになるには!

ALOHA!PMUアカデミーのHidekoです。


今回は、アートメイクの勉強をしているみなさん、アートメイクスクールで受講しているみなさんが、優秀なアートメイクナースになる為に、私から1つモノ申しあげます!


ハワイPMUアカデミーでは、オンライン、ズーム、対面講習、モニター講習といった形でさまざまなアプローチで、アートメイクを教えています。

例えば他のスクールを修了された方、他のスクールと悩んでいる方などさまざまな相談を受けます。

・スクールを修了したんだけれど、よくわからなかった。 ・まだまだ不安が多いけれど、どうしたら良いのか。 ・HPAの受講生の中でも、オンラインで受講しているけれど、なかなか前に進めない。 という声はよくあります。

まったく同じマイクロブレーディングという技術を習得していても、人それぞれ十人十色。同じ技術の習得にかかる時間やどのように受け止めるのか、どのようにインフォメーションや技術をインプットしてアウトプットするのかは個人差があります。 例えば、同じハワイPMUアカデミーのオンライン講習、モニター講習を受講している方でも、すべての工程をスムーズにクリアして施術に進んで、施術もセンス良く進んで、アートメイクナースとしてデビューしている方もいるし、6ヶ月の期間も過ぎて、思うように進まない方もいます。 もともとのセンスはあると思うけれど、私が一番感じている、受講がスムーズに進む、もしくは技術が上達するかどうかの違いには、ポイントがあるんです。 わからない事は質問して理解するまで掘り下げる! アートメイクのスクールは、看護学校のように2年、3年、学校に毎日のように通って技術を習得するスクールではありません。 例えば対面講習だったら2日間から5日間と短い期間の間で先生と対面で限られた時間で技術を習得していく。もしくはプラスアルファでオンラインで行っている場合はあくまでも画面上で動画を見ながら、ズームならライブで指導する事もあるけれど、画面上で指導を受けます。 スタイルは異なってきますので、みなさん受け入れ方も違う。でも対面でもオンラインでもズームでもチャットでも、わからないことがあればとにかく聞く。質問をする。それでもわからないなら更に質問をして、わかるまで一つ一つの工程を自分なりにきちんと理解するまで掘り下げて、くいついて習得していくことがすごく大切です。 私は質問されるのが大好き。質問されるといくらでも答えてあげるし、一つの質問でも長く答えたりもします。 ・わからない事をそのままにして、わかったふりをしてしまった。 ・質問したけれどよくわからなかった。 ・あまりしつこく聞くのは悪いから、なんとなくで良い。 これでは絶対にあとで自分自身の為になりません。自分自身でわからない壁にぶつかってしまった時にそれを乗り越えることができなくなってしまいます。

1つなら良いけれど、沢山のわからないが積み重なってしまうと、患者さんに施術をしているけれど、何がなんだかわらないまま施術をしている、そんな困ったちゃんのアートメイクナースになってしまいますよ。

HPAの受講生でも他のスクールの受講生でも、スクールを終えて、自分なりにスキルアップをしている方もみんな同じです。 わからないなら質問をしなさい!それでもわからないなら、くいついてこい!どんな質問でもかまいません。くだらない質問でもいいと思います。 とにかく自分が理解して技術を習得するまで、くいついていける、そんな精神を持って、そんなガッツを持って、アートメイクの技術を習得すればこそ、どんどんスキルアップすると思っています。

どんな些細な質問でも、わからないならくいついてきてください。そして自分自身、みなさんがスクールを卒業したその時には、 ・アートメイクを受講して良かった! ・アートメイクの技術が大好きになった! ・アートメイク看護師としてもっとこれから活躍していきたい! と思っていただけるように、私たちハワイPMUアカデミーは、インストラクター一同、くいつかれたら、くいつき返すというスタンスで授業をしていきたいと思います。

ハワイPMUアカデミーではオンラインの受講生、対面コースの受講生、すべての受講生に、いつでも質問できるチャンス。チャットツールや毎月実施しているズームを使って質問をする、そしてそれに私自身やハワイPMUアカデミーのインストラクターが答えるチャンスがあります。


みなさん、諦めないで!シャイになっていたらダメです!いくらでも当たって砕けろで、みなさんのアプローチをお待ちしています。








閲覧数:21回0件のコメント
bottom of page